MENU

現在主流のインターネット環境とは

突然ですがみなさん、自宅ではどのようなインターネット環境でSNSや動画を楽しんでいますか?最近では光通信の敷居もグッと下がり、またそれに対応した賃貸物件も増えたことから、比較的高速で質の高いインターネット通信環境を体感しているひとも多いでしょう。

光通信は速いことしかメリットがない

しかし、自宅から一歩おもてに出てしまうとどうでしょうか?パソコンはインターネットに繋がらない無用の長物となってしまいますし、今やあれこれできる便利な筈のスマートフォンも、月間の通信容量とそれを越えた時の通信制限が怖く、なかなか満足のいくネットサーフィンが送れていないということはないですか?

出先で活躍、モバイルwifi

そんな時におすすめしたいのが、外出先でも高速通信が可能になる、『モバイルwifi』という物です。モバイルwifiは、ポケットWi-Fiやモバイルルーターなどとも呼ばれる通信機器で、ちょうど、モバイルバッテリーぐらいの大きさになります。
この機械には、あらかじめ通信機能が組み込まれていて、パソコンやスマートフォン、タブレットを無線LANで繋ぎ、外出先でも“高速通信”を可能にしています

ケータイ3社は高いのがネック

大手キャリア3社(NTTドコモ、au、ソフトバンク)でもモバイルwifiを販売しています。しかし月額使用料が割高です。
加えてこのモバイルwifiは無制限はなくおすすめとは言えません。通信容量に制限があることから、外出先での救世主とはいいきれません。
では、どうするか?それは、これから紹介する、『WiMAX(ワイマックス)』という通信回線サービスを利用することなのです。

WiMAXって何!?

WiMAXはWorldwide Interoperability for Microwave Access(ワールドワイド・インターオペラビリティ・フォー・マイクロウェーブ・アクセス)の略で、無線通信技術規格のひとつになります。スマートフォンでよく聞く、3G/4Gとは別のものになり、その通信の仕組み、特性も異なってきます。日本では、音声通話とSNSや動画閲覧などの通信は、3G/4Gと呼ばれる“LTE回線”が主力ですが、これらとWiMAX回線は通信の周波数帯が異なってきます。

 

…と、難しい話しは脇に置いておきまして、モバイルwifiで無制限でおすすめできるのはこのWiMAXという本題に入っていきますね。

 

WiMAXをおすすめするわけ

 

WiMAXは現在、そのサービス提供エリアをかなり拡大していて、家電量販店に行くと、かならずといってよいほど販売窓口を設けています。
一時期は対応エリアなどの不満も聞かれましたが、それはケータイ黎明期と同じで、今では諸々の質は改善されています。そんな中、ではWiMAXはどのような点が優れているのでしょうか?

 

 

WiMAXは回線が高速である

 

まず、WiMAXは高速通信をウリにしたサービスで、理論値では440Mbps(メガビットパーセコンド)を誇ります。LTE通信が150Mbps程度と言われているのでかなりの差です。さらに、WiMAXにはその通信サービスを、月々容量無制限で使える『ギガ放題プラン』というコースがあるのです。

 

 

値段は圧倒的に安い

 

その、ギガ放題プランというサービスですが、WiMAXではこれを月額4,000円程度で使うことができます。自宅に光回線をひいてプロバイダーと契約するとだいたい、月額7,000円強かかってきますので、かなり安いと言えます。
もちろん、スマートフォンをモバイルwifi代わりに使っても(テザリングする)同じくらい、もしくはこれ以上の金額を請求されます。

 

ちなみに、WiMAXで月額料金が業界最安級で人気のBroad WiMAXの場合、ギガ放題プランは月額3,411円(最初の2か月は2,726円)です。

 

業界最安級、大人気Broad WiMAXの詳細はこちら

 

キャンペーンを利用することで更に安く

 

WiMAXの月額料金に幅があるのは、WiMAXの本体であるUQコミュニケーションズが色々な通信サービス会社であるプロバイダーに回線を販売しており、そのサービス会社が個々にキャンペーンのようなものを実施しているため、金額が異なってくるからです。

 

キャンペーンの内容は、ほとんどがキャッシュバックキャンペーンの形態ですが、キャッシュバックを行わない分、月額費用を安くするプロバイダーのほうが人気があります。
というのが、キャッシュバックは実は受け取るのにハードルがあって、実際には受け取れていない人も少なくないからです。
さきほどのBroad WiMAXはキャッシュバックは行っていない代わりに、月額3,411円と通常よりも約1,000円安い料金で、WiMAXを無制限で使える『ギガ放題プラン』に契約できます。

 

 

煩わしさから解放される快感

 

もうひとつ、WiMAXをおすすめしたい理由が、自宅での配線工事などが一切不要、ということです。
WiMAXは使用するための工事が必要ないのでもちろん、工事費用は発生しませんし、平日に会社を休んで工事に立ち会う必要もありません。
WiMAXのモバイルwifiは、プロバイダーに申し込んで、機器を受け取ったらすぐに通信が可能です。自宅で必要なのは、荷物を受け取るぐらいです。そして、外出する時はそのモバイル端末をスマホなどと一緒に持ち出せば無制限でネット回線につなぐことができます。なんの煩わしさもありません。

 

 

利点が多くストレスフリーなWiMAX

 

WiMAXは、高速通信がよく前面に押し出されることがありますが、個人的にはこのストレスフリーな点こそ、サービスの最大のウリであると考えています。その他、最近のWiMAXモバイルwifiは、機器にひと月の通信量の使用状況をカウンターバーで表示する機能も付いていて、通信容量を確認しながらの使用もできます。この、“機械自体の進化”もWiMAXをより使い易いものにしていて、今、かなりおすすめできる状態になっています。

 

現在の通信量の基準

 

ところで、ここまでWiMAXの利便性について話してきましたが、厳密には「3日で10GB(ギガバイト)を使うと1Mbpsに通信速度を制限されてしまう」という速度制限はあります。機器に通信容量を確認できる機能が付いているのも、これが関係してきます。
ただこれは、パソコンで動画を高画質(HD)で約13時間の再生または、標準画質(SD)で約47時間再生する分に相当する通信量です。一般的には3日間でこれほどの通信量は考えにくいので、あまり気にする必要はありません

 

速度規制がかかっても動画が楽しめるWiMAX

 

また、制限された際の速度である1Mbpsというのは動画再生サイトで標準画質を見るに十分な通信速度と言われているので、制限がかかったとしても、並みのことはできます。ですから、よほど専門の仕事をしていて、大容量のデータ通信を頻繁に行う人であればWiMAXは向かないサービス、ということになりますが、大抵の人は制限を越えることはないでしょう。

 

格安モバイルwifiはWiMAXで決まり

 

このように、優れた面を多く持つ、WiMAX。「モバイルwifi」で「無制限」でおすすめといえば、WiMAXがイチオシです。